実際のところ、企業でも副業を認めるところが増えてきています。もちろん、許可を得て、副業を行っている方もクラウドソーシング、ネット通販など本当に多いのではないでしょうか。しかしながら、これ以上に気を遣わねばならないのが収入次第ですが税金の申告、 納税についてです。

そもそも、副業に対して税金を納める必要があるかないかについて意識が薄い方も多かったのではないでしょうか。
日本の税金の仕組みはそもそもが申告納税税度になっています。だからこそ、納税する国民が正しく、税金の仕組みを理解したうえで納税を行うことが重要になってきます。もちろん、個人で副業を行う場合は会社が税金を納めてくれるわけではありませんので自らが納税を行う必要があります。

では、その税金はどのように決まってくるか?
まずは収入と所得を調べるところからスタートです。

収入はいわゆるアルバイトをはじめとして雇用主が存在して、自分が経費などが全くなくすべて給料として支払われる場合を指します。もう一方の所得に関しては内職やクラウドソーシングにあたり、自らが作業に必要な準備物を購入していくことを想定して、この経費を差し引いた上で所得と呼ばれるのです。
結果として、この収入と所得の合計が年間20万円以下であれば、申告は不要ということになっています。

しかしながら、これは所得税についてのルールであり、市町村に支払うべき地方税に関しては特例措置もありませんので自ら納税する必要があることを間違ってはならないところです。
では、確定申告を行う意にあたっての流れです。
まずは帳簿を作成の上、収入や経費を記録しておく必要があります。

最近は青色申告を行うための会計ツールソフトもありますのでうまく活用すればよいでしょう。また、必要な書類として領収書や支払調書、場合によってはクレジットカードで支払った際の利用明細などもプリントアウトする必要があります。

このようにして確定申告に必要な書類を準備したら、実際に管轄エリアの税務署で確定申告を行うことになります。

最近は実際に現場に赴かずともインターネットで処理をすませることも可能になっていますので、自らの都合に合わせて利用するとよいでしょう。結果的に仕事を抱えながら副業を行い、さらに税務署まで赴くとなれば、かなり手間になってきますので利便性を最優先にしてしまうことが優先です。

一度こなしてしまえば、毎年簡単にこなすことが可能です。